INTERVIEW

インタビュー

花烏賊 愛 花烏賊 愛
経験も浅く、困難も多い。
しかし、自分の成長が、
新店の成長につながると信じて。
ホームズさいたま中央店 マネージャー
花烏賊 愛(はないか あい)

Profile

教師を退職して、島忠へ入社。その後、さまざまな店舗で家具売場を担当してきた。そして商品部への異動の辞令を受ける。接客にやりがいを感じていたこともあり、一度は固辞。しかし、再度のオファーを受け、自ら選んだ商品が売り場に並び、お客様のもとへ届くことにも違った達成感があるのではないかと考え、商品部への異動を受けた。その後、長い間、商品部でマーチャンダイザーとして経験を重ね、昨年、ホームズさいたま中央店のマネージャー、つまりお店の責任者として新店の舵取りを担うことになった。

チャレンジの連続だった。

仕事風景

島忠は、チャンスを与えてくれる会社なんです。私自身のキャリアを振り返っても、ある店舗の新店立ち上げのメンバーに抜擢されたり、知識もないのに商品部へ呼ばれたり。その都度、迷いはあったのですが、周囲の皆さんのやってみたらという言葉に背中を押されて、さまざまな経験をすることができました。売場担当から商品部へ異動した際には、商品選びから売場づくり、スタッフ教育、そしてお客様への販売まで、一連の流れが見えることに想像さえしなかった喜びを感じることもできました。

商品部のなかでも、カーテンからベッド、ホームセンターの商品などに担当が変わり、常に新しいことにチャレンジしてきました。今回のホームズさいたま中央店の打診も、私にとっては本当に驚きでした。しかもマネージャーという重大な責任を担う立場です。夫に相談すると、誰にでもできるわけではないから、とアドバイスしてくれました。これまでもチャンスをもらって、自分なりに取り組んできた。自分次第なのだと言い聞かせて、受諾したのです。マネージャーとして、現在は朝の清掃から朝礼、お客様の流れを確認したり、スタッフの動きをチェックしたり、テナントとの情報共有や苦情の対応まで、全体から細部にいたるまですべてに対応しています。心がけているのは、コミュニケーション。立場が変わり、関わる人々もとても多くなりました。指示を与える、相談する。そんなことが非常に増えました。コミュニケーション能力を磨くことも、私にとっては新しいチャレンジになっています。

店舗づくりでは細部にこだわった。

仕事風景

ホームズさいたま中央店をどうするか。二人のフロアマネージャーと話し合いながら、イメージを構築していきました。そしてニューファミリーというターゲットを設定して、商品構成などの選定にあたっていったのです。私たちは、従来の方法にとらわれないで進めたい。そんな思いが強く、建築の段階から参加しました。これまでは、建物という器が完成したあとで、商品を集め、並べるという方法でした。しかし、建物自体、あるいは敷地内の環境も含め、新店のコンセプトに合わせたものにしたいと考えたのです。外部のデザイナーに協力してもらい、私たちの意見を具現化していきました。

建物内部の配管の位置から建物内外に広場をつくることまで、細部にわたって、私たちのビジョンを再現したのです。接客にあたるスタッフたちには制服を採用せず、私服にしたこともこだわりの一つでした。お客様と同じ生活者であることを、演出したかったのです。
年配のお客様が多いことはわかっていましたが、あえて、若い年齢層のお客様をターゲットにして、スタートしました。大切なのは、品揃えなど、これからいかに進化できるかだと考えています。マネージャーとしては経験も浅く、社内の各部署との調整や大勢のスタッフと円滑な関係を築くことは、正直、簡単なことではないと実感しています。しかし、お客様の反応がダイレクトに見える醍醐味に、これまでにはないやりがいを感じられます。自分の成長が、新店の成長につながる。そんな思いで、日々取り組んでいます。

新店に関わり島忠の変革を実感

仕事風景

島忠は、ライフスタイルの提案という、新しい店舗づくりの道を歩みはじめました。それは、お客様に合わせた提案のスタイルだと理解しています。これまでは商品の機能の強みでアピールしていましたが、たとえばお子さんがいるご家庭にはこんな色使いはどうか、コーディネートはどうか、部屋の動線はこうしてはどうか、など、新しい生活が見えてくるような訴求が求められるのだと思います。ライフスタイルの提案というからには、スタッフにはカーテンやタンスから、小物まで、幅広い商品知識も必要とされます。

お客様は今、インターネットなどで多くの情報を持っています。そんな知識の豊富なお客様にも満足していただかないといけない。スタッフ一人ひとりのスキルアップも重要な課題となっていくでしょう。だからこそ、コミュニケーションは、ますます大切になっていくと考えているのです。どうすれば、スタッフが動きやすいのか。考え方の機軸を合わせるために、気がついたらスタッフの皆さんに声をかけるようにしています。
島忠は、変わっていきます。今回のホームズさいたま中央店の開発に携わって、そう実感できました。そんな新しい時代を迎えて、前向きに取り組める、プラス思考の人材が、ますます必要とされていくでしょう。奢ることなく、常に進化できる人。そんな人材なら、私たちの店舗に、すぐにでも欲しいですね。

Future

花烏賊 愛
島忠の
新しい魅力を
創り出す
何よりも、ホームズさいたま中央店を軌道に乗せ、成功へ導くこと。ホームセンターと家具をワンフロアに集約するという初めての試みを、島忠の新しい魅力の創造につなげ、多くのお客様に伝えていきたい。