ENTRYインターンシップ ENTRY

社員インタビュー

立木 康恵

立木 康恵

TACHIKI YASUE

ホームセンター事業部 ホームズ川口店 日用雑貨担当
2014年入社

人々の暮らしに関わる
サービスを目指して

大学時代に、人々の暮らしやライフスタイルについて学んでおり、また、接客が好きで接客のアルバイトもしていました。その経験から、暮らしに関わる接客という観点でホームセンターを就職先として検討しました。島忠を魅力的に感じたことは「若いうちから売場を任され自ら工夫して売場を作っていけること」や「地域密着型、個店主義」ということ。ここでならさまざまなチャレンジができると感じたことが入社を決めた理由でした。
現在、日用雑貨売場の担当をしています。日用雑貨はお客様の日々の暮らしに欠かせない商品です。お客様の暮らしがもっと便利になるような魅力的な商品の提案ができるよう日々考え行動しています。そのひとつが、売り場づくり。お客様の目に留まり、また、興味をもって手に取っていただけるよう工夫を重ねています。実際に、売り場づくりによって、商品の売り上げにも反映され結果が出たときには、やりがいを感じます。

商品の魅力を伝えるために
自分にできることを考え行動する

現在、私は、商品の発注、季節商品や毎月の企画商品の売場作り、取引先との商品の商談、売場の管理など、接客だけではない多岐に渡る仕事に携わっています。取り扱う商品も多岐に渡り、その商品をいかに魅力的に伝えるかもポイントになります。
入社1年目の時に行った実演販売での出来事でしたが、はじめは商品知識がなく、思うように実演販売をすることができませんでした。お集まりいただいた、お客様のご質問にも十分に応えられず、悔しく申し訳ない想いでいっぱいに。その経験から、他店の実演販売を見にいったり、商品についてもっと深く知識を得たり、また自分の考えを先輩に伝えるなど懸命に取り組みました。その結果、「あなたが実演をしているのを見て買ったのよ。」「この商品、本当にいい商品だね、買ってよかったよ。」など嬉しいお言葉をいただいた際は、本当にうれしく、もっと商品の魅力を伝えていかなければならないと、決意を新たにしました。

私の目標

お客様の心に届く、販促を考え抜く。

ホームセンターにご来店されるお客様のニーズは様々。その中で、商品の魅力を視覚的に伝えるPOPの役割は重要です。売り場を楽しく感じていただけるような販促ができるように手書きのPOPを自作するなど工夫を凝らしていきたと思います。

Information

2018.6.1
2020年卒 インターンシップエントリー開始しました。
2018.3.1
2019年卒採用 エントリー開始しました。