本革のお手入れ方法

2017.04.05

本革のお手入れ方法

本革
せっかく本革という良い商品を買ったのなら、長く使いたいですよね。 革は人間のお肌と一緒なんです。若いうちからしっかりお手入れしている人って、いくつになっても綺麗ですよね。 革も同じで、お手入れしてあげた分だけ、綺麗に保つことができるんです。本革専用のクリーナーでお手入れしてあげないと乾燥してしまい、ぼろぼろになってしまうことも・・・。

革は合成皮革に比べて、長持ちするといわれていますが、普段のお手入れの仕方や置く場所によって変わってきます。 特に直射日光が当たるところだったり、エアコンの冷暖房が直接当たるところは避けたほうが良いです。日焼けして変色してしまう可能性があります。
また、日本は四季があるので特に梅雨の時期はカビが発生しないよう、換気をしましょう。

革を汚してしまった場合のお手入れ方法

本革
一般的な革を汚してしまった場合だと、柔らかく、乾いた布で乾拭きします。
冬などの乾燥時期はぬるま湯に浸した柔らかいタオルを硬く絞り、叩くように拭き取ります。
特に汚れのひどい場合は薄めた中性洗剤で拭き取ります。
ここで拭き残しがないよう気をつけましょう。 水溶性の汚れはすぐに拭き取っていただければ、ある程度落ちます。 油性の汚れは基本的に落ちにくいので汚れないように気をつけましょう。

この流れ、実際毎回やるのって結構大変ですよね。 なので、汚れる前に事前に取れやすくしておけば、お手入れはすごく楽になると思います。 事前に防ぐ専用のクリーナーがありますので是非、新しく買ったソファに試してみてください。 長く使っているソファも今からでも遅くはありません。 試してみてくださいね。