実は簡単?網戸の張り替えやってみよう!

2019.11.28
室内と室外を区切る重要な役割を担う『網戸』。破けてしまったり、よれてしまったりしていませんか?網戸はキレイにすることで室内が明るくなり、破けもなくピンと張っていれば昆虫の侵入も防げます。業者に依頼する前に、今回は素人でもできる簡単網戸の張り替え方法についてご紹介致します。

張り替えに必要な便利な道具

網戸画像
1.新しいゴム
まず網戸に合わせた太さのゴムを選びましょう。
太さが変えられるゴム(3.5㎜・4.5㎜・5.5㎜の太さに調整できる種類もあるので、サイズが不安な方はそのような商品を選んでおきましょう。

2.ローラー
ゴムの太さにあったローラーを用意します。こちらもサイズが不安な場合はツインローラーという全ての太さに対応できる種類もあるので、そちらを用意しましょう。
何枚も張り替える方はプロ用ローラーを揃えてしまうのがおすすめです。
必要な道具一覧
3.ストッパー,もしくはクリップ
網を仮止めする為に使用します。網をまっすぐ張るには必需品です。用意できない場合は大きめの洗濯ばさみで代用しましょう。

4.カッター
専用のカッターを用意しましょう。安全・簡単きれいに余分な部分を取り除きます。
網・ゴム・ローラー・カッター画像

網戸ネットの選び方

肝心な網戸ネットも用意しなければなりません。カラーは主に「グレー」と「ブラック」。
グレーは外から見えにくい特徴があり、ブラックは外の景色がすっきり見えやすいのが特徴となります。お部屋によってカラーを変えてもいいかもしれませんね。
網戸ネット画像
道具は全てホームセンターで購入可能です。価格を安く抑えて気軽にチャレンジしてみてください。

張り替えの流れ

1.取り外し
古い網戸を押さえながらゴムを外します。古い網を取り除き、枠の溝をブラシ等で掃除します。
ゴムを外す
2.張り替え
網を網目と枠が平行になるように置きます。
3.ゴムの端をコーナーの溝にL形に入れ、網を止めます。
(右利きの人は右回り、左利きの人は左回りにゴムを入れていくと作業が楽です。)
仮止め
4.そのゴムを溝の上にまっすぐに置き、溝と網目とを平行にしてから、もう一方の端の溝にもゴムを入れ、網を仮止めします。
仮止め2
5.ローラーで溝にゴムと網を押し込んでいき、仮止めで固定していた部分をはずしコーナーまで押し込みます。
続く次の辺も同様にします。(最初の2辺は溝に網目がほぼ平行になるようにゴムを入れるのがポイントです。)
ローラー押し込み
6.残りの2辺にゴムを押し込む際は、手のひらで枠の内側のたるみを取るように、網を少し外側に引っ張り加減にし、添えた手の長さ分のゴムだけローラーで押し込んでいきます。手を順次ずらしながら、押し込んでいきます。
ローラー押し込み2
7.押し込みが終わったら、たるみのないのを確認して、カッターナイフで余分な網をカットして完成です。
カット
ついに完成しました。取付けの前にサッシの掃除は済んでいますか?
網戸が外れていて掃除がしやすくなっているので、ブラシやハケで汚れを取り除いてから取り付けましょう。
サッシ掃除

たるんでも簡単に直せます!

網戸ネットがたるんでしまった方、ご安心ください。簡単に直せます。
ゆるみ伸ばし
① たるんでいる部分の網を外側に引っ張り、ゴムを少し広めにはずします。
② 手のひらでたるみを外側に引っ張りながら、ゴムが伸びないようにローラーで上から押さえ入れます。
ゆるみ伸ばし2

最後に…

いかがでしょうか?実際張替えてみると意外と簡単です。
4つの道具さえあればあなたも簡単張り替え。必要な道具も複雑な使用方法ではないので、すぐ慣れてしまうと思います。窓からの景色が明るくなり、風がとても気持良いですよ。 業者に頼まなくてもきれいに張り替えられるはず、ぜひチャレンジしてみてください。