暮らし育てる magazine by シマホ vol.2

夏に向けて、シマホと
暮らしを
ランクアップしませんか?

まだまだ家や近場で過ごす時間が多くなりそうな、今年の夏。
ちょっとした工夫で、日々をより楽しく幸せなものにしませんか?
暮らしを育てるアイデアをたくさんご用意して、
みなさまのご来店をお待ちしています。

空の下で気軽に寛ぐ
「チェアリング」のすすめ

チェアリングをご存知ですか? 軽量で高機能なチェアを野外に持ち出し、さっと広げて自然の中でくつろぐのが、チェアリングです。外出の機会が減った今、新たな気分転換の方法として人気を集めています。チェアに身を任せて自然を感じる休日を楽しんでみてはいかがでしょうか。

椅子を広げて自分だけの
くつろぎスペースを見つけよう

広々とした居心地の良いお気に入りの場所を見つけたら、そこで落ち着いて過ごせるのがチェアリングの魅力。例えば広い木陰の下でノートPCを広げて、青空テレワークに挑戦してみてはいかがでしょう。他にも浜辺でリクライニング機能のある椅子を広げて、波の音を聞きながらの昼寝はとても良い夢が見られそうです。
いつもは通り過ぎてしまう風景も、椅子に座ってゆったりと眺めればまた違った景色が見えてくるはず。チェアリングの楽しみ方は無限大です。

これがないと始まらない、
チェアリングの椅子選び

「チェアリング」椅子選びのコツ

様々なモデルがあるアウトドアチェアですが、折りたたんでザックに入れられるタイプを選ぶことがチェアリングの基本です。

タイプA

ハイスタイルの折りたたみチェア

昔からある最もオーソドックスなタイプの折りたたみチェア。座面が高いので立ち座りが簡単です。アームレストがついていると、読書やPC作業など、座って何かをしたい時でも疲れにくいです。

タイプB

ゆったり座れるバタフライチェア

一枚布とフレームを組み合わせるバタフライチェア。すっぽりと背中を包み込んでくれるので、深く座ってくつろげます。非常に軽く、折りたたんでコンパクトに持ち運べます。見た目も可愛いので女性におすすめ。

タイプC

コンパクトなミニチェア

とにかく非常にコンパクトなミニチェア。小さなかばんにも入るので、お出かけの時にかばんに放り込んでおけば一息つきたい時に便利です。重さは500g以下のものだと運ぶ際の疲れ方が段違いです。

各タイプの特徴をチャートでチェック

  座り心地 持ち運び
やすさ
立ち座りの
しやすさ
タイプA  
タイプB  
タイプC    

チェアリングをさらに
充実させるプラスワンアイテム

まずは1×1mほどの防水シート(レジャーシートでもOK)で、荷物を置ける場所を確保。さらに5〜10ℓほどのクーラーボックスがあれば飲み物の保冷は完璧。夏は日焼け止め&ミントミストスプレーも必携。ミントスプレーは虫除け効果も高く清涼感も抜群です。

チェアリングで
変わる
ライフスタイル

折りたたみチェアにプラスして、タープやシェードを張ればお庭やベランダに自分だけのスペースが完成。ゆったりとお気に入りの本を読んだり、大好きな味のコーヒーを楽しんだり…と過ごし方はさまざま。身近にある空間が特別なくつろぎスペースに変わります。

Ken Tanaka

監修:田中 ケンさん

快適生活研究家。1964年東京生まれ、57歳。数々の雑誌でモデルとして活躍後、アウトドアの世界へ。全国各所のキャンプ場のプロデュースをはじめ、イベントやテレビ、ラジオ等の各メディアでも活躍。現在「男の隠れ家(三栄)」で日本美味探訪、「GARVY(実業之日本社)」でDAD&S0Nを連載中。

シマホで探そう!関連アイテム

ローでワイドなチェア
1,980円(税込2,178円)

ポータブルコンパクトチェア
1,980円(税込2,178円)

ジェラルミンチェア
1,280円(税込1,408円)

夏に向けて、
シマホと一緒に暮らしを
ランクアップしませんか?

夏に備えて、
ペットと快適に暮らそう

夏が近づいてきましたが、ペットの暑さ対策を考えていますか? 犬、猫、うさぎ、ハムスターなどのペットは、人のように汗をかかないので体温調節が苦手。春から暑さ対策が必要な種類もいます。ペットが涼しく快適に過ごせるように、住まいやケアの工夫を始めましょう。

お家ではペットの
様子を見て温湿度調節を

湿度は60%以下をキープ

夏の湿度は80%を超えることも多いですが、ジメジメした湿気はペットにも大敵。室内の湿度は60%を超えないようにするのが理想です。またペットが快適と感じる室温は人とは異なり、種類や個体によっても変わります。たとえば犬が人より低めの26度以下を目安とされるのに対し、猫は27度以上でも心地よく過ごせることも。エアコンの温度はペットの様子(呼吸やしぐさ)を見て調節しましょう。

※犬種や猫種によって、最適な温度は異なる場合があります。飼われているペットに合ったエアコンの設定の詳細を調べてみましょう。

給水器はノズル式に加え皿やボウルも用意

熱中症予防のために、いつでも新鮮な水が飲める給水器を設置しましょう。ノズルでは水を十分に飲めないペットが多いので、皿やボウルも用意すること。暑さに弱いペットのために涼をとれるクールマットを置くのもよい方法。アルミ、ジェル、タイル、大理石などの素材の中から、ペットの好みや安全性を考えて選ぶことが大切です。

散歩の時は
水分補給で熱中症を予防

出発前に「わんタッチ」で確認を

犬と散歩に行く前に、肉球をやけどから守る「わんタッチ」を習慣にするのがおすすめ。手の甲で地面を5秒間タッチして温度を確認し、熱さを感じなければお出かけを。こまめに水分補給ができるように、携帯用給水器や折りたたみボウルもあると安心。外で水を飲みたがらない犬には、鶏肉の茹で汁やヤギミルクを少量入れてにおいをつけましょう。

クールウェアとタオルはセットで常備

水に濡らすと冷感を得られるクールバンダナやクールウェアも役立ちます。湿気が皮膚疾患の原因になることもあるので、使用後は首や体を乾かすこと。水気を素早く取れる吸水性に優れたタオルがあれば水遊びのときも便利です。屋外では熱中症の危険が高まるため、人と同じくのどの渇きを熱中症のサインと考えて暑さ対策を忘れずに!

夏に向けて
ブラッシングで
衣替え

春から夏にかけてペットも衣替えの季節。防寒用のモフモフの冬毛が抜けて、風通しのよい夏毛に変わります。短毛種はシリコンブラシや獣毛ブラシ、長毛種はピンブラシやコームなどを使い分け、ブラッシングで抜け毛を除去しましょう。人より皮膚が弱いので、自分の手の甲をとかしても痛くないくらいの力加減がコツ。サマーカットにするときも、皮膚に直射日光が当たらない程度に長さを残すこと。カーペットやベッドについた抜け毛は、専用掃除グッズを使うと簡単に除去できます。

Shio Kaneko

監修:金子 志緒さん

ライター/編集者
愛玩動物飼養管理士1級、防災士の資格を生かし、主に動物や防災に関する記事、雑誌、書籍の制作に携わる。いけばな草月流師範として花展にも参加。甲斐犬のサウザーと暮らす。

シマホで探そう!関連アイテム

ひんやりクール猫鍋
2,780円(税込3,058円)

ひんやりクールアルミプレート S
1,380円(税込1,518円)

COOL お散歩ベスト S
1,580円(税込1,738円)

夏に向けて、
シマホと一緒に暮らしを
ランクアップしませんか?

さあ、お近くのシマホへ!
「欲しい」を叶える売場でお待ちしています

シマホでは「住まいと暮らしのことなら何でもそろう」を目標に、
多くの店舗でホームセンター売場と家具売場を合わせて展開。
暮らしを育てるアイテムを豊富に揃えてお待ちしています!

日用品・日用雑貨
コーナー
ペット用品コーナー
工具コーナー
園芸用品コーナー
家電コーナー
家具コーナー