グリーンカーテンで電気代節約!

2021.4.1
グリーンカーテンとは、ゴーヤやアサガオなどのつる性植物を窓の外側で育て、日差しを遮るものです。苗の植え付けは、ゴールデンウィークが絶好のタイミング。今から準備して、暑い夏を快適に過ごしましょう。

こんなメリットがある

グリーンカーテンのメリットは、日差しを遮って室内温度の上昇を抑えるだけではありません。植物の葉から出る水蒸気でまわりの温度を下げ、涼しい風を室内に取り込むこともできます。エアコンの使用も抑えられるので、電気代の節約にも貢献。また、花を観賞したり、実を収穫したり、植物を育てる楽しみを味わえるのも大きな魅力です。
diy

おすすめの植物は?

グリーンカーテンに適している植物は、ゴーヤやアサガオ。ゴーヤは、病害虫がつきにくく、肥料や農薬もほとんど不要。収穫して食べる楽しみもあります。アサガオは、品種も多く、見ているだけで癒されます。2つを組み合わせてボリューム豊かなグリーンカーテンを作るのもおすすめ。他にも、キュウリやヘチマなど、いろいろ試してみるのもいいでしょう。
diy

実際に作ってみよう

プランターに苗を植えたら、植物のつるを這わせるためのネットを張ります。張り方は、写真のように支柱を使って固定したり、突っ張り棒を使って固定したり、いろいろな方法がありますが、ポイントは風に飛ばされないようにしっかり固定すること。水やりは、梅雨明けまでは土の表面が乾いたときに。明けてからは朝夕の2回。いずれも底から水が出るまでたっぷりあげましょう。
島忠店舗では、グリーンカーテンに適した植物の苗を多数取り揃えております。ガーデニングについての相談も受け付けているので、わからないことがあったらスタッフまで声を掛けてくださいね。
diy

※写真はイメージです※集合住宅でグリーンカーテンを作る場合には、管理会社の規約をご確認ください。