ダイニングボードの選ぶポイント!【上台オープンスペース編】

2018.03.19

ダイニングボード

ダイニングボードの「オープンスペース」の秘密

ダイニングボード・食器棚はなかなか壊れるものではないので、買い替えのタイミングって難しいですよね。お引越しやリフォームに合わせて検討したりすることが多いのではないでしょうか?
でも、ダイニングボードは一生のうちに数回しか買い替えをすることがないから、買い替えるにしても何をポイントにして選べばいいか悩む方が多くいらっしゃいます。 なぜなら、安いものと高いものを見比べてもなかなか見た目だけだと違いが判らないからです。
最近では、表面の塗装も安価なダイニングボード・食器棚であっても良くできていますので、ぱっと見だけではなかなか違いが判りずらいです。 長く使うものなので、なんとなく出選ぶのではなく、しっかりとお店の人に聞いてから選ぶのがおすすめです。 でも、最初からお店の人に聞くのは、、、という方に選ぶポイントをつご紹介いたします。

選ぶポイントはオープンスペースの背面や上の部分

オープンスペースは主に家電を置くスペースです。電子レンジ・電子ポット・炊飯器等、使う方によって様々ですが、電子レンジはスチーム式の物もふえているので、熱だけでなく蒸気も放出されたりします。電子ポット・炊飯器も同様に蒸気が放出されます。放出された蒸気は背面や上の部分(オープンスペースの天面)に流れていきます。
ダイニングボードは木製家具なので、蒸気がそのままあたった状態で使っていると劣化しやすくなります。 もちろん買ってすぐに症状が出てくることはないかと思いますが、長年使っていくうちに、蒸気や熱が溜まる部分がゆがみの原因となったり、カビや菌の繁殖につながる要因のひとつになりかねないです。
その為、ダイニングボードは見た目だけではなく、しっかりとした作りはもちろん、使われている素材がいいものを選び、長く衛生的に使えるようなものを探しましょう。
では実際にどのような作りの物があるかをご紹介していきます。 それぞれのつくりを知っていただき、選ぶ際の参考にしてくださいね。
オープンスペース上部は大きく分けると3つの種類があります。 ①加工なしの商品 ②モイス加工の商品 ③アルミボードを使用した商品 今回は、②モイス加工と③アルミボードについて少し詳しくご案内いたします。

調湿機能「モイス」

調湿機能「モイス」
モイスとは、調湿機能がついており、湿気を自在に調整してくれるものです。
家電を使うさいに出てくる蒸気。その蒸気を直接ダイニングボードにあててしまうと、劣化の原因となりかねません。 蒸気をしっかりと吸収してくれることで、ダイニングボードが少しでも長く、衛生的に使えます。 蒸気の湿気が原因で、カビが発生したりしたら嫌ですよね。ダイニングボードは食器をしまうものですから、菌が繁殖する原因を少しでも軽減させられるだけでも、モイス付きのダイニングボードは使う価値はありそうですね。
ちなみに、ダイニングボードでモイスをいち早く取り入れたのは「綾野製作所」とゆわれております。 「綾野製作所」はダイニングボード・食器棚の製造メーカーとして、日本でもトップクラスの品質を誇るメーカーです。そんな日本トップクラスのメーカーがいち早く使用を決めたほどの素材が「モイス」なのです。 綾野製作所では、適湿化素材MOISS(モイス)の取り扱い開始から約6年間(2009年6月~2016年11月)で、搭載製品の出荷台数が累計172,000 台となりました。
モイスは、蒸気をすばやく吸収することで、衛生的な環境を保つことができます。 また、消臭効果や有害物質を吸着・分解することも期待されています。いろいろな機能と効果があるから選ばれるのです。
メンテナンスは簡単で、ふきんでさっとふくだけです。 ただ、デメリットとして言っていいのかわかりませんが、材質がざらざらしているので、拭いた気がしないという方もいらっしゃいます。

見た目も素敵な「アルミボード」

見た目も素敵な「アルミボード」
アルミボードを使ったダイニングボードは見た目が美しく、高級感があります。
化粧合板の仕上げの商品は、蒸気が当たってしまうと劣化の原因となります。アルミボードの場合は、蒸気がダイニングボード本体にしみ込んでいきません。その為、劣化防止になります。また、蒸気はアルミボードの上で水滴にっているので、さっとふきんで拭きとれます。
アルミ素材は、熱伝導率にも優れているので、熱をすばやく外部へ逃す働きがあります。 長年ずっと使っていると、電子レンジの熱の影響で普通の板だとゆがんでしまいますが、アルミボードであればゆがみの劣化も軽減してくれます。
家電から出る蒸気の中には、カビや臭いの原因となる成分が含まれています。 アルミボードの商品を選ぶことで、それらの成分がダイニングボード本体に吸収しないので非常に衛生的です。 また、さっと拭くだけなので、日々のお手入れはすごく楽です。
モイス加工もアルミボードもそれぞれの良さがあります。どちらが良いとはいいがたいです。機能的にはどちらも優れているので、上台のオープンスペースには、何もなしのダイニングボードではなく、モイス加工かアルミボード付きかのどちらかを選んでいただければ幸いです。

自分に合ったダイニングボードを探しましょう!

このようにダイニングボードの上台の一部分を見ただけでも、大きな違いがあります。他にも下台の機能の差や、引き出しの違い等、ぱっと見ではわからないポイントがまだまだたくさんあります。
機能的な部分を基に選ぶのも大切ですが、一番大切なのは、自分の使い勝手に合っているかが大切です。選ぶポイントを決めたら、実際に店頭で確認していただくのが重要です。
自分の手で触って体感して使いやすさを考えたうえで、納得いくダイニングボード選びをして下さい。 最後になりますが、大きな家具やに足を運んでいただき比べていただくことをお勧めいたします。 小さなショップなどでは見た目はきれいなものが多く目を引きますが、展示している数が少ないため、様々な機能などを比べることができません。
今回ご紹介した、モイスとアルミボードの違いなども体感するためにも大きな家具屋にお立ち寄りください。