クルマもウイルス対策

2021.2.1
クルマには、不特定多数の人を乗せる場合もあり、誰がいつウイルスを運んでくるかわかりません。しかも乾燥し、寒さで換気も怠りがちになる時期は、感染リスクも高まります。自分や同乗者を守るためにも、クルマのウイルス対策始めませんか?

diy

除菌用品を使う

クルマを利用する際に気をつけたいのが、ウイルスが付着した手で触ることで感染が広がる接触感染です。ハンドル、ドアノブ、シート、シートベルト、スイッチなど、人の手が触れやすい部分は、除菌シートや除菌スプレーを使用。車内全体の除菌・消臭も考えるなら、置き型タイプがおすすめです。いずれもクルマ用のものを使うと安心です。

diy

加湿する

クルマの中はとても乾燥しています。ウイルスは空気が乾燥すると活性化しやすいので、加湿器を用意しておくといいでしょう。クルマのUSBポートもしくはシガーソケットから電源が取れるタイプで、ドリンクホルダーに収まるサイズのものがおすすめです。ウイルス対策はもちろん、花粉や肌トラブル、静電気対策にも効果的ですよ。

diy

エアコンを外気導入に

クルマの運転中に簡単にできるウイルス対策、それが換気です。でも寒い日などは、なるべく窓は開けたくないですよね。そこで紹介したいのが、エアコンを使った換気テクニックです。エアコンを外気導入モードにして、風量をマックスにすれば、数分で換気完了。窓を閉めたまま空気の入れ替えができるので、ぜひ試してみてください。島忠店舗では、ウイルス対策に役立つ商品を数多く取り揃えております。是非お近くの島忠店舗でお気に入りの商品を探してみてはいかがでしょうか。

※写真はイメージです