楽しい暮らし

デスクチェアの種類や機能について詳しく解説!

2022.5.1
デスクチェアはデスクワークの質を高める重要なアイテムです。しかし、デスクチェアが身体に合わないことで、約7割のワーカーが身体的疲労を感じています。様々な種類があるデスクチェアの特長や、どのようにデスクチェアを選べば良いのかご紹介していくので、ぜひデスクチェアの選び方の参考にしてください!

diy

デスクチェアを選定する”3つのポイント

デスクチェアを選ぶ際に、下記3つのポイントを抑えればあなたにぴったりのチェアがきっと見つかるはずです!
1:背もたれの高さ
2:ロッキング機能(リクライニング機能)
3:張地の素材

1:背もたれの高さ

diy
■ローバック
コンパクトなので場所をとらず、部屋に置いたときの圧迫感も少ないです。比較的安価なチェアが多く、価格を抑えることができるのも大きなポイント。
■ミドルバック
ハイバックよりも圧迫感を抑えられ、背もたれが肩口まであるため、ローバックよりも座り心地が良いとされています。圧迫感を抑えつつ、座り心地を重視したい方におすすめです。
■ハイバック
背もたれが高く、背面を幅広く包み込んでサポートするため、座り心地が良く、長時間座っても疲れにくい特徴があります。長時間座ってデスク作業する方向けです。

2:ロッキング機能

diy
■背ロッキング
背もたれのみが後ろに倒れるシンプルなロッキング機能で、ほぼ全てのオフィスチェアに備えられていると言えます。
■背・座ロッキング
背もたれと座面が一つに繋がっているのが特徴。それぞれがバラけることなく、同じ角度で傾くので、一般的に疲れにくくなると言われています。
■シンクロロッキング
背もたれと座面がシンクロして稼働します。背もたれを倒しても太ももを圧迫せず、体への負担が少なくリラックスできます。 仮眠をする際に最適な機能です。

3:張地の素材

diy
■メッシュ素材
通気性に優れており、夏場や冬の暖房が効いた部屋でも蒸れにくいのが特徴です。季節を問わず、快適に使いたい方におすすめです。
■ファブリック素材
質感が柔らかく、手触りの良さが特徴です。カラー展開が豊富で、お部屋に馴染みやすいです。比較的安価なチェアに採用されています。
■PUレザー素材
見た目の高級感を重視する方にはレザー製もおすすめです。
レザー製は耐久性に優れており、お手入れも簡単です。夏場は蒸れやすくなりますので、その点は注意が必要です。
今回はデスクチェアの機能や素材についてご紹介致しましたが、実際に座って座り心地を試して頂くのが1番良いです!
島忠では多くの機能チェアを取り揃えておりますので、ぜひ一度足を運んで頂ければと思います! 皆様のご来店心よりお待ちしております!